2015年03月18日

子育ての心構え

子育てと言うものはとかく不安があるものですね。
なぜなら、実際に自分が親になってみないとわからないことが多いからです。

産まれてきた子は全面的に白紙の状態にあります。
その子の人生が子育てにかかっているわけですから、ストレスも大きいです。

多くの人々は、子育てに関して親のアドバイスを受けることがあります。
自分を育ててくれた親ですから、そのアドバイスを守ることに抵抗は少ないと思います。
ところが、しばらくすると、親の言葉に疑問符が付き始めます。
なぜなら、自分の親ですから、子育てを経験しているとはいえ、それは2-30年前の話です。
そのころの常識が今では通用しなくなっていることに気付かない親がほとんどです。

専門家に助言を求める人も多いと思います。
昔子育てをした親と違って、最新の状況を勉強している専門家ですから、安心と思うかもしれません。
しかし、子育ては基本的には放っておいても大丈夫なものです。
熱が出たからすぐに救急病院へ連れて行く必要はないのです。
専門家に質問すれば、きっちりとした助言を得られるかもしれません。
しかし、それを守らなくても問題ないことが多いのです。
専門家は軽い症状でもそれなりのことは言わなければならない立場であるということを念頭に置いておきましょう。

助言を求めるのは、あくまで参考にする程度に留めるべきです。
posted by チャイ at 13:11| Comment(0) | 子育てとストレス | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。