2017年11月06日

赤ちゃんとテレビ


----------------------------------------------------------------------------------
赤ちゃんとテレビ
----------------------------------------------------------------------------------

今、家庭内でテレビはどういう位置づけでしょうか。
産まれたばかりの赤ちゃんも家族と一緒にテレビを見ることになります。
最初は、ただ画面を眺めているだけかもしれません。
1歳くらいからテレビに興味を示すようになってくるようです。

赤ちゃんとテレビの関係はどういうものが望ましいのでしょうか。
やはり、見る時は見るし、見ないときは消すという習慣が大切だと思います。
つけっぱなしにしておくというのは好ましくありません。
なぜなら集中力が欠けてくるからです。

例えば、食事中はテレビは見ないほうが、食べることに集中できます。
見る時は親が一緒に見て、反応してあげると良いでしょう。

長時間だらだらとテレビを見続けるのが一番悪いと思います。
posted by チャイ at 17:04| Comment(0) | 子育て | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

子育ての心構え

子育てと言うものはとかく不安があるものですね。
なぜなら、実際に自分が親になってみないとわからないことが多いからです。

産まれてきた子は全面的に白紙の状態にあります。
その子の人生が子育てにかかっているわけですから、ストレスも大きいです。

多くの人々は、子育てに関して親のアドバイスを受けることがあります。
自分を育ててくれた親ですから、そのアドバイスを守ることに抵抗は少ないと思います。
ところが、しばらくすると、親の言葉に疑問符が付き始めます。
なぜなら、自分の親ですから、子育てを経験しているとはいえ、それは2-30年前の話です。
そのころの常識が今では通用しなくなっていることに気付かない親がほとんどです。

専門家に助言を求める人も多いと思います。
昔子育てをした親と違って、最新の状況を勉強している専門家ですから、安心と思うかもしれません。
しかし、子育ては基本的には放っておいても大丈夫なものです。
熱が出たからすぐに救急病院へ連れて行く必要はないのです。
専門家に質問すれば、きっちりとした助言を得られるかもしれません。
しかし、それを守らなくても問題ないことが多いのです。
専門家は軽い症状でもそれなりのことは言わなければならない立場であるということを念頭に置いておきましょう。

助言を求めるのは、あくまで参考にする程度に留めるべきです。
posted by チャイ at 13:11| Comment(0) | 子育てとストレス | 更新情報をチェックする